グルメ Feed

2016年11月15日 (火)

写真展「秋いろいろ」~口福なひととき~

161017b 写真展開催が決まって打ち合わせに行った時の茶がゆセット

161115bkohi 11月3日 搬入の後に入れてくださった珈琲

161115b_2 写真展初日に一番乗りのお客様 キムラアキコさんと食べた和朝食

小さなカップに入った黄色い液体はまさかの生卵coldsweats02

納豆も白いご飯も食べた後に気が付きました・・・

161115b_3 11月6日の日替わりランチ。

161115b_4 お味噌汁の向こうに見えている煮かぼちゃは私が畑で育てた飛騨かぼちゃ。

おいしく煮てくださっていました。

161115b_5 みゃうぴぐさんが来てくれた朝はフレンチトーストと珈琲をいただきました

161115b_6 日曜日 SHOCOさんと一緒に食べたカツカレー。右隅に写っているのは薬味でしたよ。

161115b_7 この秋の新メニューのマシュマロココア。ドイツのココアだそうです。

カルチャーカフェ上方さんでの在廊の楽しみはお客様と会えることとおいしいものをいただくこと。(メニュー→

残念ながらまだスイーツ系はいただいていないのですが、チーズケーキがとてもとてもおいしいそうで「え?まだ食べてないの?食べなきゃっ!」と何人もの人から言われました。

皆様もお食事やカフェタイムを楽しみにお出かけください。ついでに写真も見てくださいね~

まつうらともこ写真展「秋いろいろ」 明日までです!

会期:2016年11月4日(金)-16日(水) 木曜定休日

時間:7:00-17:00 (ラストオーダー16:30)

場所:カルチャーカフェ上方 地図→ 

大阪市住吉区我孫子西1-5-12 TEL:06-7502-6293

今年の猫ふんじゃったなギャラリーたちに参加されていたカフェです。

Akiiroiro_omote

 

2016年8月15日 (月)

おひさしぶりですにゃ~♪ ディンディンさん&ルンルンさん

160816b2006 あ!あんなところに猫が! とこっそり撮影した記憶があります。2006年5月のことでした。

160816b2012 2012年のクリスマス前

この頃はドイツのはちみつや紅茶を売っているお店の看板猫さんだったディンブラさん。

数年前にお店を閉めはって会えなくなっていたのですが・・・

160816b2016 久しぶりの再会happy01 相変わらずゴージャスな美猫さんですね

160816b今年の猫ふんの参加ギャラリーだったカルチャーカフェ上方さん。

なんと!あのドイツのはちみつのお店のオーナーさんがご主人とオープンされたカフェだったのです。

ねこふん開催時は機会がなくて行けなかったのですが、ねこふん巡りをしていたうめぐみ友情参加のN氏がオーナーさんからの伝言を伝えてくれてびっくり~。夏休みになってようやく訪問することができました。

カルチャーカフェ上方は(ドイツからは手を引き(笑) 日本の良き伝統文化、食を発信するカフェです。

 こちらにはもうひとりねこスタッフさんがいるのですが

1608162016 せっかく降りてきてくれたのに気付くのが遅れ カメラ!カメラ!ともたもたしている間にお二階に戻ってしまわれました。

次女のルフナさん(通称ルンルンちゃん)

ルンルンちゃんもドイツはちみつ店当時 たまにお店にいてました。が、恥ずかしがり屋さんで・・・すぐに隠れられちゃうのでした・・・

160816b2008

160816b_2

日替わりランチ とてもおいしかったです~。朝7時オープンで朝食メニューの茶粥定食がとても気になります。朝がゆで温まりたい季節になったらちょっと早起きして食べに行こう♪

2015年3月 9日 (月)

ハaハaハa~なランチ

昨日のランチは友人と前から一度行ってみたかった大阪港エリアのランチスポットへ。

到着は13:30ごろでした

150308b こんな方や

150308b_2 こんな方に出迎えられました。お福さんも手で招いているんですねぇ、初めて気がつきました。

150308b_3 これは 今でも現役なのかな?

150308b_4 「魔法のレストラン」ステッカーは実際に貼られているのを見たことがあるけれど、この認定証は初めて見ましたぞよeye

150308bhahaha たまーに扉が開いてお客さんが出てきてしばらく待つと前に並んでいる人が一組、中へ招き入れられます。到着時に列の一番先頭の方は30分ぐらい待っていると言ってはりました。

待っている間に上の階で「まちかどの近代建築写真展」をやっているので見に行ってきました。

150308b3f がらんとした部屋の壁面にはレトロな建物の写真がずらり。よーく見ると○○県庁とか○○市役所、旧○○村役場とかお役所の建物でした。(神戸税関ビルもありました) 写真家さんは数名。でも日本全国撮り歩いてはるんでしょうねぇ。きっとこの建物はもうすぐ解体されるから今のうちに撮っておこうという感じで出かけたんだろうなぁと思われる物件も。

そうこうしているうちにやっと順番が回ってきたようです。

150308bmenu わたしはハハハヤシライス 友達はオムハハハヤシライスをチョイス。一口目が口に入ったのはなんと3時過ぎ~~~wobbly

おいしかったからまた食べに行きたいけれど時間にゆとりのある日(特に予定のない日)でないとこられませんよね。。。

150308b_5 近代建築写真展を見て 天満屋ビルも撮っておこうと思ってチャレンジしたけど、難しいなぁ

150308b_7このビル一階は半地下になっているちょっとおしゃれな造りで、二階へ上がる階段は結構急なんですよ。

築港麺工房」の看板が見えていますがそれは隣のビル。そちらもレトロないい感じのビルでした。次はぜひそのおうどん屋さんへ行ってみましょうかね。

思いがけず待ち時間が長かったのでさっさと食べて(ドリンクセットはやめて単品で注文)グルッグの「ねこ写3」を見に行って帰途に着いたのでした。ひろちゃん おつきあいありがとうございましたhappy01

  camera cat camera cat 3月15日17時までです cat camera cat camera

Photoねこ写3

場所:ギャラリー・雑貨グルッグ アクセス

日時:2月21日(土)〜3月15日(日) 11時30分〜19時30分(最終日は17時まで)

明日3月10日(火)は休廊日

私は今回はon the roof のタイトルで6点出させていただいています。他の出展者の皆様の作品も春らしくて明るい楽しいものばかり。ぜひお出かけ下さいませ.

2011年10月 2日 (日)

鮎を食らう会 2011

111001ayu
今夜は鮎釣り名人H氏邸での「鮎を食らう会」にお呼ばれ。去年に引き続いて2回目です。(去年の「鮎をくらう会」のブログはこちら)

今年の鮎は九頭竜川(福井県) 揖保川(兵庫県) 富田川(和歌山県)の3種類。
鮎は川の中の岩に着いたコケを食べるのですが、それぞれの川に生えているコケが違うので味も違いました。
また 大雨・台風などで増水した時は鮎自身が流されないように泥を食べておもりとするので大雨後の鮎の内臓はジョリっと石が混ざっていたりするとか・・・。(揖保川のがジョリっと大当たりー)
鮎だけでお腹いっぱいになるのに メイタガレイの薄造り(皮と骨はから揚げに) 〆さんま 焼きナス 塩豆腐 天然ウナギの煮詰め 豚の角煮(里芋とオクラ添え) レンコンまんじゅうをいただき、食卓からソファーに座を移してマスカットと梨 珈琲 カタールのお菓子(カタールから帰国した人のお土産だそうです)もいただいちゃって 口福delicious口福delicious
お土産に食べきれなかった鮎3匹いただいてきちゃいました。明日は鮎茶漬けかな~happy01

2011年2月 1日 (火)

ごちそうさま~フグパーティ~

たまにはだいおいちゃんも
110201b1 子猫ハウスの屋上に上ります。

110201b2 cat やね おちないでちよね?

30日の夜は Jさんの元先輩のH邸での豪華ふぐパーチーでしたhappy01
淡路島の福良漁港から取り寄せた3年物のトラフグ2匹を食べつくす会shine
漁港からは皮をはいで肝を抜いた状態で届くそうです。
それをH氏自らさばいて 煮こごり・てっさ・てっちり・から揚げ・雑炊のフルコースにしてくださいました。
厳しい鍋奉行のH氏。私たちには鍋の中にお箸を入れることは許されていません。全部H氏から鉢にいれていただくのを待つのみ。
H氏流てっちりのいただき方。
お鍋の中にはこぶ出しがふつふつ湧いています。
そこへまず 骨の部分を6切。(H氏ご夫妻、Y氏ご夫妻と我々の6名)骨にもたっぷりの身が付くようにおろしたのです。
程よく火が通ったら特製ポン酢ともみじおろし、あさつきで。
続いて「とうとうみ」といわれる部分を6切。皮の部分でコラーゲンたっぷり。
そして白子6切。口の中でとろけますdelicious
そして骨なしの身を6切。
続いては口です。(これはフグ料理専門店でもメニューに入っていないもの)フグ2匹なので4切れしか取れずY氏夫妻と私たちがいただきました。

ここでやっと野菜と豆腐が入ります。野菜がフグから出たうまみを吸い取っておいしい~。野菜と豆腐が鍋から消えたら おだしは再びきれいに澄んだものになりました。
ふたたび白子6切。骨なしの身6切といただいたらもう堪能~。

食べる勢いが止まったところで残った身はから揚げにしてくださいました。
藻塩をすこし付けて食べるのですが、お塩なしでもおいしくいただけました。

そして雑炊。おだしたっぷりのさらさらお茶漬け風にこだわりのH氏。卵もふんわりとして思わずおかわりをいただくぐらい。
5時半から始まったパーチーはおいしいお料理と楽しいおしゃべりで気がついたら10時半になっていたのでした。全然知らない人の話題でも笑い転げた私。

H氏邸では他の魚やお肉で鍋をするときも、このような形でするとか。「肉を食べるとですよ。野菜や豆腐を一緒にいれてどうするとですか!」お酒がまわってお国ことばが出たH氏。
今度豚シャブをこうやって作ってみよう~。


2011年1月25日 (火)

ほんまもんの参鶏湯を食べてみよう

サムゲタン。韓国のお客さんから作り方を聞いてときどき作ってましたが、
何しろ 生の高麗人参がなかなか手に入らないこともあって 作っているのはサムゲタンもどきに違いない。
韓国の人が作るサムゲタンを食べてみなくっちゃね~という話になって、ほんちゃんと昨日食べに行きました。

110125bhyang 行ったのは 四ツ橋線本町駅近くの Korean Kitchen Hyang ヒャン

110125bsam1 サムゲタンは予約しておいたので 席について他のメニューを決めた後すぐに登場しました。グラグラに煮たったスープの中に鎮座まします鶏さん。

110125bsam2 手際良く切り分けていただいて
(写真のモードが違ってることは無視してくださーいcoldsweats01
110125bsam3 ほんちゃんと2人でかぶりついて・・・1時間ほどできれいに骨だけが残りましたdelicious

スープに入っていたのは 高麗人参 ナツメ にんにく。お米はもち米ではなかったですよ。
スープそのものはほとんど味がなく、小皿入って添えられた塩胡椒で好みに味付け。

私が作った時は生姜やギンナンも入れたんだけどな。高麗人参は新ゴボウで代用することもあります。クコの実やレーズンもあれば入れちゃうし。そして味付けは塩だけでは物足りなさを感じてお醤油ぽたり・・・ってやっちゃうのよねぇ。だから「もどき」なんだわー。

他に ナムルと海鮮チヂミを食べたらお腹いっぱい~。

チヂミはもちもちしていて、冷めてもかりっとしたままで、ほんちゃんが「明日の朝ごはんにテイクアウトしたい」と言ったぐらいおいしかったです。

さらに女性にはサービスでアイスクリームがhappy01 黒ゴマのアイスか柚子のアイスが選べるということなので両方とってほんちゃんと分けっこ。
そして 食後に出された温かいお茶は 麦茶とコーン茶を混ぜたお茶でとても香ばしかったのでした。

110125bpresent おまけの画像
ほんちゃんにプレゼントしたお野菜でち。
紅芯大根とニンジンくん。
予想以上によろこんでもらえちゃった~bleah フフフフ

2010年12月19日 (日)

マジカーノは野菜のおいしいイタリアンレストランでした

101219bcounter 昨日のブログでちらりと触れたイタリアンレストランマジカーノ
お店のコンセプトは真のナポリピッツァと自家栽培野菜ということですが、フルタイム全席禁煙というのもJさんの心をつかんだのでした~shine

101219bt 私が選んだのは Pranzo B。
上から自家栽培野菜10種のサラダ(富有柿のドレッシング)。パスタは貝柱のジェノベーズソースをチョイス。そしてドルチェは富有柿のムースとジェラードのセット。それに自家製パンとコーヒーがついてきました。

パンはもちろん石窯でやかれたものですよね。塩味のきいた外がカリカリ中はフワフワ。

101219bj Jさんはア・ラ・カルト(←イタリア語ではなんていうの?)で。
上から 前菜(ナイフで切り分けたのはお魚でした)。 舞鶴港(だったっけ?)であがった天然ブリのソテー。ドルチェはジェラード2種(マンゴーとチョコ)をチョイス。
そして メインに選んだのが山口産のカレイ。
101219bkarei ピッツァを焼く窯で焼かれて野菜でお化粧して出てきました~happy01
フレンチでもイタリアンでも魚はあまりチョイスしたくないというほど天然魚にこだわるJさんも大満足の新鮮さと味付け。
そしてとにかく野菜の味が濃厚で甘みがあっておいしい~。キャベツは芯まで甘いのですよ(Jさんが残したのも食べちゃった)大根を厚めに輪切りにしたのを焼いたのも中はとろりんでびっくり~。
101219bfarm お店の前が農園。ここで作られた野菜が使われているのです。
帰りに写真を撮っていたらお店のスタッフさんらしい方に声を掛けられてしばし立ち話。どうやらこのかたが野菜を栽培されているマンマさんだったようです。
(ナポリのマンマさんってことはお店のオーナーさんのお母様?)
タクシーがすぐ来ちゃったのであまりお話しできなかったのが残念。次はぜひ野菜育てのお話で盛り上がりたいものです。

今回はパスタをチョイスしたんだけど、次はぜーったいにピッツァをオーダーせねばなりませんよね。窯の真横の席だったので 窯からピッツァが取り出されるたびに横目でしっかりチェックしておりましたのよdelicious

2010年11月17日 (水)

紅葉猫とそば粉のクレープと忘れもの

我が家のブルーベリー。4本中、1本が赤く色づいてきました。
101117bmomiji

一回り大きなプランターに植え替えてやりたいと夏前からずっと思ってたのに。。。今からでも間に合うんだろうか。

とりあえず 紅葉猫は撮っておかねば~camera
101117bsora catおいちくなかったでち
寄り目で眉間にシワっぽいとほんとにおいしくなかったようにみえますね。って口に入れたらあかんやろ~~~angry

restaurant restaurant restaurant
今日はJさんが出張なので ほんちゃんとギャラリーマゴットで落ち合って晩ご飯を食べてきました。マゴットさんの近くのブラッセリーマセナ。カジュアルフレンチのお店です。

サツマイモのポタージュに 本日のガレット(ナスとミンチ肉のクリームソースを甘くないクレープで包んで焼いたもの)。
メインはマダイのタラゴントマトソースをチョイス。
まだもうちょっとお腹に入りそうだったので デザートを奮発。
アップル・ア・ラ・モード(焼きりんごにクリームチーズ、アイスクリームなどを添えたもの)と
ベーぜルナッツのペースト(←名前忘れた)のガレットに珈琲。
二人でお腹いっぱい食べて(お酒は飲まない)2900円とリーズナブルでした。

今度ランチ食べに行こう~♪

cat cat cat

101115bmachi43 ギャラリーマゴットの公開グループ展「町猫」 開催中 

21日(日)まで 12:00-20:00(最終日は18:00まで)

ご来場をお待ちしています。

私は今日ケータイを置き忘れてきたので明日(18日)のお昼過ぎにでも取りに行きますcoldsweats01

2010年11月11日 (木)

今日のべじたりにゃん

ニンジンサトイモに続く第三弾!
名前もべじたりにゃんに変更いたしました。
あ! ソラたんはベジタリアンではなく、主食はカリカリ。缶詰と猫用おやつも大好きな普通のにゃんこです。
もちろん キャットニップには目がありませんがlovely

catきょうのおやさいはなんでちか?
101110bvegecat1 あ!ソラたん 葉っぱたべるの?
catぺろぺろしただけでち
101110bvegecat2 catこれ なんでちか
カブラっていうのよー。おとなり同士がぎゅうぎゅうになってきたから抜いてみたの。

鶏卵のSサイズよりちょっと小さめだけど間引き。これから1つ置きに間引いて行ってだんだん大きくしていくのですhappy01 カブラ大好き~heart04

bell bell bell

ギャラリーマゴットの公開グループ展「町猫」 開催中

11月9日(火)~21日(日) 

火曜~土曜 12:00~20:00 日曜日12:00~18:00 

15日(月)は休廊

地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅出口②から徒歩5分ほどです。ぜひお立ち寄りくださいませ。

わたしは今日は昼休みに参ります。

2010年9月20日 (月)

鮎を喰らう会

昨日はJさんの元上司 H氏宅での「鮎を喰らう会」に招待され、お邪魔してきました。
今年1月の「ふぐ」、4月の「あわび」に続く3回目。
H氏はアユ釣り名人で、冬の間に仕掛けを手作りで作りため、解禁と同時に鮎釣りに通い、釣った鮎は全部冷凍。そして、こうやってホームパーティで飽食させてくださるのです。
(奥さんが「今年初めて鮎を食べるの」っとおっしゃってましたからね)
例年300尾ぐらい釣るそうですが、今年は暑さのせいか釣果はイマイチ、それでも100尾はまだ冷凍しているということでした。

100919konoayu1 じゃーんshine 天然ものの鮎のザル盛り
100919konoayu2 今年は3か所で釣ったそうです。一番おいしいのは九頭竜川産の鮎。天然遡上なので小ぶりで身が引き締まってます。
揖保川のは前日釣ったばかりの冷蔵物。10時間で10尾釣ったとか。
日置川のと揖保川の、私は区別がつかないんだけど、Jさん「見たらわかる」って。

鮎は焼きたてもおいしいのですが、朝焼いてくださって冷めたものはつやが出てきてそれはそれでまた美味。

そしてお料理はまだまだたくさん用意してくださっていました。
100919konotori ササミの薄造り(ナマで食べられるササミをさっと湯引き)とカツオのたたき。カツオのたたきはH氏が焼くところから作ったそうです。ササミは自家製の柚子胡椒でいただきました。
100919konotori2 奥様お手製の鶏とザーサイの和え物。
100919konomatu H氏 松茸焼いてます。こうやって網を持って火に近付けたり遠ざけたりしてじっくりと火を通すんですって。

100919konoala さらにさらに、奥様の手料理が出てきました。
左上は〆鯵のサラダ(こぶ締めしたアジとオリーブオイル+ワインビネガーのドレッシングで和えたお野菜の盛り合わせ)。
右上のナスは まるごと揚げたナスを薄いおだしでさっとたいたもの。冷たくしてもおいしいけれど、今回は温かいまま供してくださいました。
右下は牛肉の冷やししゃぶしゃぶをたっぷりの大根おろしとポン酢で和えたもの。オクラもたくさん入っていました。
左下は締めの鯛茶漬け。鯛のそぎ身を酒と醤油同量あわせたものとたっぷりのすりごまを混ぜたタレに漬け込んだものをご飯に乗せ、温かい白だしを注いでわさびをちょん。

そして写真を撮り忘れたけど、ミズガレイの煮つけ(H氏が煮つけたもの)も。

これだけのお料理も4時間かけて全部お腹に収まりました。Jさんはお肉とミズガレイ、鯛茶漬けはパス。
楽しいおしゃべりとお酒(私は飲まないんだけど)とお料理で 陽気な昼下がりを楽しませていただきました。
100919konovege こうやって記録しておかないと、次お呼ばれした時に「前回は何を頂いたっけ?」と復習できませんからね。ついでに手土産ものっけとこ。農園さんで用意していただいた旬の野菜の詰め合わせなり。

フォトアルバム